負担額を抑えた不動産ならマンション経営で節税対策が可能に!

必見!マンション経営で目指すがっぽり節税対策

HOME » ラクに節税できる不動産業者選び » テッパン5、自社で物件を持っている

テッパン5、自社で物件を持っている

デザイナーズマンション

デザイナーズマンションのようなお洒落な外観のワンルームタイプマンションは投資家のみならず、入居者にも人気の物件です。

需要が高いエリアで需要が高い物件を造れば人気の出るのは当然のこと。
不動産投資はローンが終わるまでが長い道のりとなります。

途中で頓挫してしまうような中途半端な立地や、コストダウンに注視するあまり外観デザインを捨てた物件では、不安が残ってしまいます。

なぜ東京にこだわるのか

適正価格をどこに設定するかは不動産の難しいところ。
サブプライム問題以降、下落を続けた物件価格は底値を打ち、今後上昇が期待されています。

ここに、都内近郊の新築マンションの平均価格を示したデータがあります。これによると、都内物件の下落価格は一見大きいほうに見えますが、もともとの価値が高いために過剰に下落を余儀なくされたとも読めるのです。

そう考えると、現在の価格から大幅に下落するリスクは低いという推察が成り立たないでしょうか?これから上昇が見込めるのですから、不動産投資を始めるタイミングとしてはベストでしょう。

めがねアイコン08年11月~09年1月の価格下落率

エリア 2008年11月 20088年12月 2008年1月
首都圏 5,018円 4,281万円(−737万円↓) 4,172万円(−109万円↓)
東京23区 6,165万円 4,894万円(-1,271万円↓) 4,488万円(−406万円↓)
東京市部 4,210万円 4,299万円(89万円↑) 4,874(575万円↑)
神奈川 4,510万円 4,262万円(−248万円↓) 3,866万円(−396万円↓)
埼玉 3,902万円 3,375万円(−527万円↓) 3,388万円(13万円↑)
千葉 3,493万円 3,918万円(425万円↑) 3,063万円(−855万円↓)

 

エリア 2008年11月
首都圏 5,018円
東京23区 6,165万円
東京市部 4,210万円
神奈川 4,510万円
埼玉 3,902万円
千葉 3,493万円

 

エリア 2008年12月
首都圏 4,281万円
(−737万円↓)
東京23区 4,894万円
(−1271万円↓)
東京市部 4,299万円
(89万円↑)
神奈川 4,262万円
(−248万円↓)
埼玉 3,375万円
(−527万円↓)
千葉 3,918万円
(425万円↑)

 

エリア 2009年1月
首都圏 4,172万円
(−109万円↓)
東京23区 4,488万円
(−406万円↓)
東京市部 4,874
(575万円↑)
神奈川 3,866万円
(−396万円↓)
埼玉 3,388万円
(13万円↑)
千葉 3,063万円
(−855万円↓)

無理なく買える物件を狙う

安心して資金の資産化を狙える業者だけではなく、物件価格そのものも注目してみましょう。上の表は新築マンションの平均価格です。
これがワンルームタイプともなると価格帯は1,000万円ほどさらに安い相場になっています。

豊富な資金力があるなら別ですが、それなら投資自体をする必要もありません。限られた資産をどう活かすのか考えなくてはいけません。

都内のワンルームタイプといえば、学生からサラリーマン、OLまで変わらぬ需要が見込めます。さらに高齢化が進むことが予測されますから、今後より一層需要増が期待できるでしょう。

 
負担額を抑えた不動産ならマンション経営で節税対策が可能に!