負担額を抑えた不動産ならマンション経営で節税対策が可能に!

必見!マンション経営で目指すがっぽり節税対策

HOME » ラクに節税できる不動産業者選び » テッパン2、信頼できる

テッパン2、信頼できる
(たとえば、上場基準ならJASDAQや二部などでなく一部上場、など)

安心材料のひとつ、知事免許

不動産業者の会社情報を見ると、
許可番号 ○○県知事(○)第○○○○号と表記されてあることがあります。
この免許番号内の数字は更新した回数を示すものです。
この免許も信頼できる不動産かのひとつの指標になります。

コストダウンの時代だから

会社の資本力=企業力。
現在、世界的にもM&A合戦が行われ、買収や統合が相次いでいます。

同じ業界で争っていた企業間であれ、現状以上のコストダウンを計るのに苦心し、結果M&Aにて統合したり、事業整理といった規模縮小を余儀なくされているのです。

不動産業ではどうでしょう?

ここでも同様に巨大な資本力が必須の時代。
企画から開発、販売、運用といった一連の流れを、自社グループ内で行うほうが、よりコストを抑えることが可能です。

自社一括で得られる利点

コストダウンがしやすい利点を紹介しましたが、それは決して安かろう悪かろうではありません。

品質を決して落とさず、中間に入り込んでいた、
無駄な流通、無駄な業者を省くことで低価格を実現しているのです。

中間業者にとっては厳しい世の中ですが、ただでさえ不動産が厳しい時代。販売価格をいかに抑えられるのかは時代の流れというものです。

また、グループ一括のもう一つの利点は、責任の所在が分かりやすい点にもあります。
物件に万が一何か問題が発生したとしても、安心できるのではないでしょうか。

 
負担額を抑えた不動産ならマンション経営で節税対策が可能に!