負担額を抑えた不動産ならマンション経営で節税対策が可能に!

必見!マンション経営で目指すがっぽり節税対策

HOME » ラクに節税できる不動産業者選び » テッパン1、税金の相談ができる

テッパン1、税金の相談ができる

相談しやすいマンション投資会社

不動産業者の営業さんには色々な人がいます。
単なる社員として会社のスタンス通りに割り切っている人。
将来に備え資格の勉強をしている人。
もちろん、資格を活かし、ばんばん営業成績を挙げている人も・・・。

どんな人に担当して貰いたいのか考えるまでもありませんね。
専門知識の懐が深いということは、それだけの対応力に期待が持てます。

ここで、不動産運用に役立ちそうな専門家をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

めがねアイコン不動産の相談をするならこの資格者

■宅建・・・
宅地建物取引主任者資格試験の通称。人気の資格で年間29万人近い人が受験。
この資格は高額な上に契約が複雑な不動産を取り扱うのに必要、不動産業者は5人に1人の割合で有資格者を雇用しなければならないなど厳しい決まりがあります。

■ファイナンシャルプランナー・・・
日本FP協会による検定事業。金融機関や証券会社などの資産運用に関するポジションに配属される人が持つ資格。
最適なライフプランを提案するスキルなので、不動産投資においても役立ちます。

■建築士・・・
建物の設計や工事監理監督のための資格なので、一見不動産に関係ないように思えますが、取り扱う物件の専門知識に長けているというのは、営業力を底支えることにも繋がるため、不動産業で重宝されているようです。

悪徳業者に捕まらないために

不動産業界も他業種同様、厳しい冬の時代を迎えています。
価格が下落したからといって、すぐに顧客が見つかるほど、一般市民は貯蓄に余裕が無いのが現状なのです。

そこに目をつける悪徳業者もいます。
初期負担を0円にし、高利回りの安定をうたう業者であったなら注意が必要。
どんな儲け話であったとしても、すぐに信用してしまうのは危険です。

一度資料を持ち帰り、不動産アドバイザーなどの活用も視野に入れておくといいでしょう。
計画倒産といったことに巻き込まれてしまう危険性もあります。
第三者による物件の評価、業者の評判を調べる手間を惜しんではいけません。

投資会社は一部上場企業を

上場している企業であれば、資本力も安定しているというひとつの目安になりますので、先ほどのようなリスクは回避できることでしょう。大切なライフプランを共に築くに値する優良企業といえます。

また、不動産業を調べる際には必ず宅地建物取引業免許があるかどうか確認する必要があります。

未だに闇業者の話も後を絶ちません。ホームページを検索すれば、会社概要に掲載されている所が多いので検索してみるといいでしょう

 
負担額を抑えた不動産ならマンション経営で節税対策が可能に!