負担額を抑えた不動産ならマンション経営で節税対策が可能に!

必見!マンション経営で目指すがっぽり節税対策

HOME » ラクに節税できる不動産業者選び » テッパン3、税理士を紹介してくれる

テッパン3、税理士を紹介してくれる

税理士を活用する

このサイトで紹介してきた節税の話はとても難しいもの。
現実的に何をどうしたらいいのか、どれだけの手間が掛かるのか不安ではありませんか?

そんな時に活用したいのが税理士です。

手数料が掛かりますが、面倒な申請書類や登記の処理もお任せすることが可能です。
これなら、初心者でも安心して不動産を始めることが出来ますね。
業者によっては税理士の免許が無いのに代行業務を行っていることもあるようです。

書類の提出といった何気ないことであっても、しっかりとした知識を備えている人にお願いしなくてはいけません。
何か問題が起こってからでは遅いのです。

税理士とは?

税理士は国家資格
税の専門知識を備え、法人企業や個人経営者などから法人税や、所得税、相続税などの税務に関しての申告ができるというもの。
他にも会計帳簿や税務書類作成や税金の相談、調査の立会い、さらに経営のアドバイスまで、なんでも請け負える国家資格なのです。

税務書類の作成は無資格の場合は違法となりますし、その際作成された書類の有効性についても問題が起こってきますので、必ず有資格者であるかどうか確認をする必要があります。

安心して運用するために

高利回りをうたう業者の中には、節税をギリギリの範囲で計算しているケースがあります。
実際に物件を購入後、思うような減税措置が得られず、首が回らなくなるといったケースもあるようです。

高利回りは夢物語と思って、話半分に聞いておくのがいいでしょう。
まず間違いなく、そこまで利益が上がるのであれば、自社で運用していればいいのです。
敢えて、少ないマージンに落とし、顧客に渡す必然性などありません。

不動産には適性相場が存在します。
どんな物件であれ、周りの相場を確認しながら、他社物件とも比較して安全を確認した上で取引するように心掛けておきましょう。

 
負担額を抑えた不動産ならマンション経営で節税対策が可能に!