負担額を抑えた不動産ならマンション経営で節税対策が可能に!

必見!マンション経営で目指すがっぽり節税対策

HOME » なぜマンション経営で節税できるか

なぜマンション経営で節税できるか

マンション経営を副業として捉える

マンションイラストサラリーマンは税金を支払っている意識が低いといわれています。

それは、給与を貰った時点で差し引かれているから。

給与=税金を引かれた手取りと考えることが多く、引かれてしまった税金を取り戻そうという発想がなかなか生まれないものです。

しかし、不動産投資を副業で始めた場合、どうなるでしょう。
不動産取得にかかった費用は不動産投資に必要な支出と認められます。
そのため、数々の減税措置が受けられるようになってくるのです。

不動産取得時に必要な経費とローン金利、そして建物を維持管理するために必要な費用も該当します。

親切な不動産投資会社を選ぶ

不動産は金額が大きいこともあり、所有に向けての手続きは複雑。
申請書類や印紙代といったものも減税対象になりますので、登記手続きに関して税理士を紹介してくれる業者や、手間のかかる事務などを代行してもらえる不動産業者を選びたいものです。

私が検討している不動産投資会社は、物件を企画から携わり、販売、その後の運用までケアしてくれます。

めがねアイコンその会社の代行業務

  • 入居者募集
  • 入居者審査
  • 家賃管理
  • 苦情処理
  • 更新手続き
  • 解約手続き
  • 敷金精算
  • 現状回復工事…など。

トータル的にサポートしてくれるので、私のような不動産初心者に最適の業者だと思いますよ。

コンテンツ一覧

今がチャンス!住宅ローン節税
マンション経営でできる節税、住宅ローン減税を紹介。上限は600万!?
買い時を知ろう!固定資産税節税
マンション経営で節税しながら副業収入を!固定資産税はどうすれば得になるのか控除内容を紹介。
 
じつはオイシイ!減価償却
マンション経営で学んだ節税知識、減価償却費用をしっかり申告してお得に運用して行きましょう!
妻のお小遣いで節税!
マンション経営で家族に給与を支払い?賢い減税対策を紹介
 
実は生保よりおトク
節税対策のほかに、不動産経営で考えられるメリットを検証しました
個人年金よりおトク
節税しながらのマンション経営で得られる資産と個人年金、どっちが得?
 
 
負担額を抑えた不動産ならマンション経営で節税対策が可能に!