負担額を抑えた不動産ならマンション経営で節税対策が可能に!

必見!マンション経営で目指すがっぽり節税対策

HOME » なぜマンション経営で節税できるか » 今がチャンス!住宅ローン節税

今がチャンス!住宅ローン節税

住宅ローン減税を受けられる所帯

※2013年現在の税制であり、あくまで参考程度に留めてください。必ずご自身で該当の可否、最新の税制をお調べください。

住宅ローン減税は、自らが住む場合に於いて初めて適用される制度。
しかし、適用を受けるには決められた期間内での居住実績があれば可能とのこと。

めがねアイコン減税対象の人
■その年の合計所得が3,000万円以下(給与所得のみの場合は3,336万円以下)
■新築や購入の6ヶ月以内に入居する。(住民票の移動が必須)
■入居した年の12月31まで引き続き住んでいること

めがねアイコン物件の条件
■床面積が50㎡以上(登記簿上の数値)
■店舗用または増改築(工事費1000万円超)の場合は住居部分が2分の1以上あること

めがねアイコン返済内容
■返済期間が10年以上であること。社内融資の場合は年利1%以上であること。


適用期間内ずっと住み続ける必要は無いので、不動産投資をする際にも、住宅ローンの知識を備えておくことはマイナスではありません。

詳細は、融資先を紹介してくれる不動産会社に問い合わせしてみるといいでしょう。
住宅ローンによる融資が受けられるケースなのかどうかレクチャーしてくれますよ。

住宅ローン減税は特別措置

住宅ローン減税は景気によって減税額や期間が変化していきます。
しかし、適用されるのは最初に適用を受けた年度によって異なってきます。
控除期間が15年もあった時代もあったのだとか。

現在の控除額の上限は600万円。かなり大きい金額ではないでしょうか。

特に、不動産に関するローンは長期に渡ります。
いかに、負担を抑えるか工夫をしていかなければなりません。

その後物件の運用がうまくいかなければ、そもそも不動産に手を出さなければ・・・
と後悔してしまうことでしょう。

物件価格が抑えられ、減税措置もしっかりしている 今が物件購入のチャンスといえます。

リフォーム減税について

2009年度の住宅減税からリフォームに関してのメリットも追記されることとなりました。
ローンを組むこと無く、減税が受けられる「投資型減税」制度です。

省エネやバリアフリーといった、一定の項目に関する工事にかかった費用のうち、上限200万円の10%をその年の所得税から差し引くという制度です。
(太陽光発電装置の場合は上限300万円までの10%)

この減税措置を受けるためには、2010年12月31日までと期間が定められています。
増改築を予定している物件を所有している場合は、検討してみてもいいかもしれませんよ。

 
負担額を抑えた不動産ならマンション経営で節税対策が可能に!