負担額を抑えた不動産ならマンション経営で節税対策が可能に!

必見!マンション経営で目指すがっぽり節税対策

HOME » なぜマンション経営で節税できるか » 個人年金よりおトク

年金にプラスα
(もちろん、不動産はリスクがありますので、年金の代わりにはなりえません。)

個人年金と不動産資産の違い

国による将来の保証が不安定のなか、将来に備える個人年金が注目されています。

めがねアイコン個人年金
■最低受取金額が保証されていない、
■本人死亡後の家族に対した永続的な保証になりにくい

めがねアイコン不動産投資
■家賃相場設定により、月々の収入をイメージしやすい
■本人死亡後には無借金の資産を家族に残せる


しかし、個人年金は受け取り期間までの期間が長いということもあり、安定した老後までの道のりは厳しいものになっているのが現状です。
それなら、ローン完済と同時に定期的な家賃収入を得られる不動産のほうがお得なのではないでしょうか?

個人年金のデメリットは会社の倒産

上記で挙げた個人年金は、老後に支給されるであろう国民年金よりもずっと確実なものです。
ですが、絶対とは言い切れないません。

それは、個人年金を商品として取り扱っている保険会社の倒産が考えられるからです。
つまり保険の無価値状態が想定されるわけです。

今後、少子高齢化はどんどん進みます。
大きな負担が生命保険会社に掛かることは、火を見るよりも明らか。
老後の保証は何によって得るか、具体的なビジョンを持つことが大切。

そういったリスクもふまえたうえで私は不動産投資を選ぶことにしたのです。

とは言え、不動産もリスクがあり、地震や価値の下落などで万が一の際にローンを支払った金額より大幅に下がってしまうことも大いに考えられます。
やはり原則約束された金額は支払われる年金とは同列には考えられませんね。

外貨預金も不安が残る

個人年金のなかには外貨で保有、運用している商品もあります。
日本は超低金利時代がしばらく続くという試算があります。

しかし、皮肉なことに日本円は安定通貨
外貨での預金よりも日本円の方がリスクが少ないのが現状です。

運用益を狙ってのユーロ商品がありましたが、ギリシャショックの煽りを受け不安定。
アメリカドルも未だバブル後遺症に苦しんでいるのが現状。

高利の利回りを提案してくる投資会社はたくさんありますが、ノーリスクという商品は存在しないので注意しておきましょう。

 
負担額を抑えた不動産ならマンション経営で節税対策が可能に!