負担額を抑えた不動産ならマンション経営で節税対策が可能に!

必見!マンション経営で目指すがっぽり節税対策

HOME » サラリーマンの節税知識 » 不動産投資で税金控除

不動産投資で税金控除
※2013年現在の税制であり、あくまで参考程度に留めてください。必ずご自身で該当の可否、最新の税制をお調べください。

不動産投資をする利点

不動産を購入して、人に貸す行為は言ってしまえば個人がおこなう事業。
個人事業という観点からみると、色々節税対策ができるのです。

私が注目している不動産投資会社では、
税制対策にもきちんと対応しながら不動産所有を可能にできる提案をしてくれる、とのことでした。

見出しイラスト
不動産で節税イラスト

不動産で節税イラスト

このようなシステムから安定した収入が見込めるというわけです。

上記記載の減税額=減税措置は自ら申請しなくてはいけません。
その面倒な手間も業者任せで大丈夫!というのですから素晴らしい。

細かな税金知識についてきちんと教えてくれるので、自分で勉強する手間もだいぶ省けました。
不動産取得にかかる費用負担は、物件価格が下落した現在においてもかなり大きいもの。

しかし、サラリーマンとしての収入、家賃収入、そして税金の還付金によって、
負担額を減らしながら不動産を所有することが可能となるわけです。

最良の提案をしてくれた不動産会社を選ぼう

私は、「デザイナーズマンション」として登録商標を取得している物件を都内23区を中心に展開している大手のワンルームマンション販売運用会社と出会いました。

この不動産投資会社は徹底したリサーチに基づく、需要の高いエリアでのマンション投資に力を入れている・・・・・・
との風の噂を聞きつけ(笑)勇気をだして問い合わせをしてみたのです。

これが自分的には大正解!

節税措置を利用しながらの不動産取得をレクチャーしてくれたうえ、
私の素朴な疑問にもきちんと回答をいただけました。実に好印象。

しかも、少ない頭金でも不動産投資を始めることが可能とのこと。

生活を支える副収入、老後生活を支える保険収入として、不動産投資をはじめるなら、
本当に今!!という気がするのは私だけでしょうか!?(笑)

労力を掛けないからこそメリット

いかに、労力を抑えて不動産を取得するかが大きなポイント。
築いた分だけ労力を割かれては、試算を持てば持つほど負担が増していくことになってしまいます。

老後のための資産作りに忙しくなりすぎるのは大問題。
サラリーマン生活も夫婦生活も順調さを欠いてしまうことに繋がってしまうでしょう。

うちは子供もこれから予定しています。
ズバリ!余計なストレスなど抱えている暇などありまえん。

減税措置を上手に受けながら不動産収入を生み出せる
マンション経営は実に魅力的なのです。

 
負担額を抑えた不動産ならマンション経営で節税対策が可能に!