負担額を抑えた不動産ならマンション経営で節税対策が可能に!

必見!マンション経営で目指すがっぽり節税対策

HOME » サラリーマンの節税知識 » 生命保険料控除とは?

生命保険料控除とは?

年末調整時に提出

生命保険とは万が一の場合に備えるもの。
本来は国による保証があってもおかしくない項目のため、
保険に使用した支出に対しては特別に減税措置があるのです。

対象となるのは、生命保険に使われた積立金や掛け金。
年末になると、契約した会社から証明書が送られて来ますので、無くさないよう保管し、年末調整時に会社に提出するようにしましょう。

めがねアイコン年末調整時、保険料控除額

年間の支払い保険料の合計 控除額
25,000円以下 支払い金額
25,000円を超え5万円以下 支払い金額÷2+12,500円
5万円を超え10万円以下 支払い金額÷4+25,000円
10万円超 5万円

新しい保険制度へのスライドが行われたとしても、私の世代では、旧来の保証制度の範囲内となることでしょう。
しかし、個人年金は掛け金の高さと保証期間が死亡時までと限られているため、単独で安心を得られるとは言いきれません。

あくまで老後のための支えとして考えたいもの。
老後の生活がどこまでお金が必要なのかは、その時代になってみないと分からないのが現状。
であるなら、価値が変わりにくい売却できる資産を備えた方が利口なのかもしれません。

嫁名義も控除の対象?

複数の備えをしておくことは、今では珍しいことではありません。

しかし、契約者が嫁であった場合はどうなるのでしょう?
実はこれも控除の対象に含まれます。

収入を共にしている場合、当然家主である私の給与から支払われるのです。
名義が本人でなくとも申請しましょう。

最近では、個人年金を夫名義ではなく、嫁名義にしておくことが一般的になっています。
どのみち、長生きしそうなのは男性よりも女性なのですから。
老後の不安はそこまでシビアに考えなければ受けられないもの。

嫁が将来、収入のまったくない暮らしになることは避けなければいけません!
保険制度だけでは無く、安定した家賃収入を用意してあげられればいいのですが・・・。

 
負担額を抑えた不動産ならマンション経営で節税対策が可能に!